ごあいさつ|沼津駅の歯医者

にいづま歯科

0559642110

ごあいさつ

image

こんにちは!
にいづま歯科 院長の萩原久子です。
当院は全ての患者さんが気軽に立ち寄れる歯医者さんを目指しております。
わたしたちが治療において大切にしていることをお話ししたいと思います。

話しましょう、笑いましょう

image

当院が何より大切にしているのは、患者さんとのコミュニケーションです。
患者さんにとって歯医者は基本的に行きたくない場所かもしれません。虫歯の治療は痛そうですし、歯を削る音は耳にするだけで不快です。本当は嫌なんだけど虫歯があるから仕方なく通院しているという方がほとんどだと思います。でも、せっかく当院を選んで来ていただいたのですから、帰るときには笑顔になってほしい。そんな雰囲気づくりを心がけています。

怖くない治療の為には「会話」が大切

たとえば初診の際の問診にはしっかり時間をかけます。
それから、黙って黙々と治療をするのは個人的にすごく苦手なので、患者さんにはどんどん話しかけます。もちろん小難しい話なんてしません。天気の話や本当に他愛のない話ばかりですが、話をしながらお互いにリラックスできたらと思っています。
会話といっても、治療中の患者さんは話ができませんから、私が一方的に話しかけているようなものですが(笑)
そんな雰囲気のなかで治療を受けることで治療への恐怖心を一瞬でも忘れていただければ嬉しいです。

1受診 1笑い

来ていただいた患者様には、少しでも明るい気持ちになって帰ってほしいと思います。
歯科医院での治療は何度も通っていただかなくてはいけないことが多いので、治療が苦痛だと通うのが本当につらくなってしまいます。
ですから当院では「1受診 1笑い」をモットーに患者様が笑顔になれるような歯医者を目指しています。
幸い、当院の患者さんは治療がきちんと終わるまで通ってきてくださる方がほとんどなので「 1受診 1笑い」は当院のモットーとして続けていきたいと思っています。

治療方針

肝心の治療にあたっては、治療内容をわかりやすく説明し、お口のなかの状態を把握していただくこと、そしてできないことはできないとはっきり伝えることを大切にしています。

患者様の立場に立ってご説明

 まず、治療内容をわかりやすく説明するというのは歯医者にとっては当たり前のことですが、当院では自分に置きかえて話をすることが多いです。歯の状況によっては治療法もいくつか選択肢がありますが、たとえば私が患者さんと同じ症状だったらこうします、といった説明です。自分の立場になって考えてみるときちんとした理由づけができますから、患者さんもわかりやすいと思います。

患者さんご本人にお口の中の状態を把握していただくこともとても大事なことです。自分の歯は場所によっては全く見えないので、いくら歯医者でレントゲン写真を見ながらここが悪いだのひどいだの言われてもわかりづらいものです。そんなとき、当院では鏡を使って患者さんに自分の歯を見ていただいています。口腔内カメラとかじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、ハイテク機器を使わなくてもしっかり歯の状態が見えるんです。こうして自分の歯がどうなっているのかがわかれば、「これはちゃんと治さないといけない」と思うもの。目で見て把握することが治療の第一歩です。

できない治療は正直にお話します

できないことはできないと言う。これも大事だと思っています。
当院は街の小さな歯医者ですからできることは限られます。それに、歯の治療というのは、細かく専門が分かれているので、インプラントや矯正歯科などはその道のプロに任せたほうが患者さんにとっても安心だと思います。
親不知も簡単なものなら当院で抜きますが、リスクが高いと判断した症状はより設備が整ったところに紹介します。

お気軽にご来院ください

長々とお話ししてしましたが、にいづま歯科は、とにかく笑顔がある歯科医院です。1受診につき1笑。院内の装飾にも笑顔になれるヒントがあちこちに隠れていますからぜひそこも観察してみてください!

「歯科医院の独特の雰囲気が苦手」「歯科治療が怖い」とお考えの方こそぜひにいづま歯科へ!スタッフ一同、笑顔で皆さまをお迎えします。
治療を受けるなら楽しく。そんな気軽な気持ちでお越しください!

ページトップへ戻る