虫歯治療|沼津駅の歯医者

にいづま歯科

0559642110

虫歯治療

虫歯は早期発見・早期治療が大切です

image

虫歯の進行度によって、治療内容や治療期間が大きく変わります。
初期段階で治療を始めることが出来れば、患者様の負担が少なくなります。
ちょっとでも気になる症状があれば、お早めににいづま歯科までご相談ください。

虫歯ができるまで

虫歯(う蝕)は、ストレプトコッカス・ミュータンス菌によって引き起こされる歯の病気です。
虫歯は、進行度合いによってC1~C4に分類されます。

C1
image

まず、歯の一番外側のエナメル質が浸食されます。痛みなどの自覚症状はなく、歯の表面にツヤがなくなり、ときに薄い茶褐色になることもあります。

C2
image

次に虫歯が象牙質まで達し、穴があきます。
この状態になると、冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいものを口にするとしみることがあります。

C3
image

ズキズキと刺すような、特有の痛みがあると歯髄まで侵され、大きな穴があいている可能性が考えられます。早急に治療が必要です。

C4
image

最終的には、歯肉から上の部分(歯冠 )がほとんどなくなり、根(歯根)だけが残された状態になります。痛みはなくなりますが、神経は完全に死んでいる状態です。

詰め物・かぶせもの

削らなくてはいけないほど進行した虫歯に対しては、虫歯を削り、上から詰め物やかぶせものをします。
基本的に保険治療では銀歯を使用しますが、治療箇所によっては自然な見た目の補綴物が使用できます。

第一小臼歯、第二小臼歯はCAD/CAMで

image

平成24年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯)が、CAD/CAM装置使用に限り、ハイブリットレジン冠での治療が保険適応になりました。
『ハイブリットレジン』とは、従来の保険適応の素材(レジン)よりも丈夫な素材です。

自費の詰め物・かぶせもの

銀歯の見た目が気になる、金属アレルギーが心配な方は銀歯以外の補綴物もご使用いただけます。
セラミックの詰め物・かぶせものは見た目が綺麗ですが、保険が適用されない為、自費の治療になります。ご希望の方はご相談ください。

審美歯科

ページトップへ戻る